MT5で画像のアップロード先フォルダ(初期パス)を指定する方法

MT5の画像アップロードは、初期パスが公開ディレクトリ直下になっているので、フォルダを毎回指定しなければなりません。頻繁に画像(アイテム)を特定フォルダにアップロードする場合、これでは面倒です。

そこで、画像(アイテム)のアップロード先フォルダ(初期パス)を指定するため、まず「MT5をインストールしたディレクトリ/tmpl/cms/include/」にある「asset_upload.tmpl」の下記部分を探します。ブラウザの検索機能や秀丸エディタ等を利用するとすぐに見つかると思います。

<input type="text" name="extra_path" id="extra_path" class="text path" value="<mt:var name="extra_path" escape="html">" />

画像のアップロード先フォルダに「images」を指定したい場合は、上記部分に「images/」を追加します。

<input type="text" name="extra_path" id="extra_path" class="text path" value="images/<mt:var name="extra_path" escape="html">" />

これで、フォルダを毎回指定することなく、デフォルトで「images」フォルダ直下にアップロードすることができます。ハードコーディングで融通が利かなくなりますが、よほど大規模でない限りは大丈夫でしょう。

ウェブサイト制作業者さんで、お客さんにMovable Typeを使わせる場合に重宝しそうです。もっとも、企業向けに特化しているMTなら、こういう機能を管理者権限で指定できるようにしてほしいものですが。

関連記事